~魅力ある職場づくりを目指して~

MENU

働き方の見直し

経営者・ 人事担当者の方へ

両立に向けた取組を始める

会社が社員にできること

働き方の見直し

長時間労働が恒常的となっている、休暇が取りづらいといった職場では、仕事と介護の両立は困難となります。残業時間の削減、有給休暇の取得促進な ど、日頃から働き方の見直しに取り組みましょう。また、東京都が都内企業に勤務する社員に行ったアンケート調査(※)によると、介護の経験のある社員が 「できれば利用したかった制度」は、「始業・終業時間の繰り上げ・繰り下げ(時差出勤制度)」23.6%、「所定労働時間の短縮制度」23.4%、「年次 有給休暇(未消化分)の積立制度」22.5%、「フレックスタイム制度」21.8%、「半日単位、時間単位等の休暇制度」20.0%などとなっています。 これらの制度整備により、社員がフレキシブルな勤務形態をとれるようにすることも、仕事と介護の両立にあたって必要となります。

(※)東京都産業労働局 平成27年3月「仕事と介護の両立に関する調査」より

厚生労働省「働き方・休み方改善ポータルサイト」

PAGETOP